アルバイト向けの消費者金融をお探しですか?

私でも借りれた

 

雇用形態がアルバイトな自分は消費者金融で借入が出来るのか否や?
こういった事をネットで検索をかけても質問サイトを探ったとしても、なかなか答えは見つかりませんよね。
その単純な理由は、一言で『アルバイト』と言っても、それぞれ皆さんの条件が異なるからです。
消費者金融の審査の説明については、ネットでも一連の流れを書かれているものです。
しかし、その審査がどういった基準で行われて、自分が審査に通るのか? 否や? の点に対しては全くもって分からないものですよね。

 

自分が24歳男性で接客業に就いていてバイト歴は3年。
年収は250万円。
……という事で仮定しましょう。
この情報だけで、実際に審査に通って借入する事が出来るかなんて、消費者金融側にしか分からなくて当然の事です。その上、審査基準なんて会社によって異なるものです。

 

けれど、自分は審査に通って借入出来るか? という点においては、一つだけ知る事が出来る方法があります。
それは、『実際に申し込みを行って審査の申請をする事』です。
また、知名度の高い大手消費者金融はどの会社も最近は簡易的な診断をホームページで実施しています。実際に申し込むか否やを別として、これを活用する事も一つの手段だと言えます。
補足として当然の事を言いますが、診断であれば本契約でも無いですからね。
もしも、この診断で『借入不可』という結果が出てしまったとしても、自分の申し込みの経歴に傷が付く事はまずありえません。
ですので、借入出来るか出来ないか……と悩み、その悩んだ時間に時間を費やすくらいならば、思い切って簡易的な診断を行った方が良いと断言する事が出来ます。

 

 

バイトが突き当たる壁・一定的で安定した収入

バイトの借入れ先は?

消費者金融で借入する上で最も重要な事と言えば、安定した収入です。
逆を言ってしまえば『収入さえ安定していれば』二十歳になったばかりの人だろうが、年金受給を受けるギリギリの壮年層だとしても、消費者金融で借入する事は可能です。

 

けれど、安定した収入……と、言われてもイマイチぱっとしないものですよね。
これを簡単に説明するのであれば、一定の収入が毎月途切れる事もなく必ずある事です。
確かに月収の多さは借入金額に影響するものですが、この点さえクリアしてしまえば、審査における第一の壁は破る事が出来ます。

 

ひとつの例を挙げてみましょう。
先月の月収は35万円、けれど今月は仕事が少なくて12万円。来月は15万円程……再来月は暇過ぎて収入0かも!? なんて方。これは、収入が安定しているとは決して言えませんよね?

 

一方、月収は12万円のアルバイト収入が毎月ある。今後自主退社の予定も無く、よほどの事でも無い限りクビになって失業する事も無いだろう……という方は、決して高給取りだと言う事は出来ませんが、毎月一定の給与を得ている事から、安定した収入を得ているという事が出来ます。
つまり、この例の後者が消費者金融の望む『安定した収入を得ている人』という事です。

 

就いてる職業や職種は借り入れに支障があるもの?

借入と職業の関係

消費者金融で借入する為の審査の為に『安定した収入が必須』と先程述べましたが、職業や職種は収入と繋がるので、実は審査の際に重要な情報となります。
……つまりその情報で大凡、安定した収入を得ているかが分かるのです。

 

例えば、水商売に着目してみましょう。
キャバクラやホスト、風俗店勤務など挙げられるものですが、こういった職業はその日の売上げによって給与が変動するものですよね? その上、基本的には歩合制といった部分も大きいものです。
水商売は収入が安定していない職の代表格として扱われます。
給与が歩合といった部分に関しては、そこまで直接的な問題とはなりませんが、こういった職業は短期のみだったり離職率も非常に高い事から、消費者金融からは敬遠されます。

 

また、雨が降ってしまえば仕事が休みとなる土木作業員や鳶職などの外で働く建築関係の職業の方も安定した収入とならないので、審査の難易度が高く、クレジットカードを作る事さえも困難です。
自営業の方も非常に厳しいと言えます。
自営業を営んでいる方の場合、例え会社の年商が大きかったとしても、創業から間もない状態ならば消費者金融の借入れは勿論の事、クレジットカードの発行も難しいものです。

 

こういった職業でアルバイトをしている人が借入をしたいという場合は、収入が多かった月が続いた時期に審査と借入を行うとベストです。
収入は審査を行う前までの数ヶ月の平均を見られるものなので、纏まった収入があった後に借りる事が賢明だと言えます。
本来ならば収入が少なくて困っているからこそ『消費者金融に頼りたい』と思える事が現実ですが、少しでも審査に通るようにしたいと考えるのであれば、月給が少なかった月の後に申し込みを行う事は避けた方が良いと言えます。

 

□登録制のバイトでも消費者金融で借りれるの?
登録制のバイト……所謂派遣バイトを示していますが、こういった雇用形態の人が審査に通るか否やにおいては、非常に判断し難いものです。
けれど、今月は15回。先月は10回……先々月は7回。と、バラバラな勤務であれば、審査が厳しくなると言えます。
勿論、登録先で日常的に勤務を行っていて、安定した収入がしっかりとあるならば、審査に通る可能性も0というワケではありません。

 

これにもやはり、職種やここ最近数ヶ月の月収が審査に大きな影響を与えるものには違いありません。
収入にバラつきがあるといった方の場合、出来れば収入が多かった月が続いた後に借りた方がベストだと言えます。

 

 

『派遣アルバイトでも借りる事が出来た』という実体験をひとつ紹介していきましょう。

 

派遣バイトでも借入できました。

派遣バイトで、イベント会場の片付けや撤去作業の仕事をやっていた事がありました。
これは夜勤の業務だったので、夜21時から翌朝の4時の就業時間でした。
応募の時の求人サイトでは、『仮眠休憩あり』なんて書いていたので、そこまで厳しい仕事でも無いだろうなんて思っていたのですが……実際にはかなりハードなものでした。
イベント会場なので、重たい機材などを運ぶには、自分と同じような労働者も沢山居るのだろうと考えていたところ、実際には人数が少なく、一人で運べと指示されました。
正直、こんな重たいものを一人で運ぶのは危ないと自分でも分かっていたので、何度か立ち止まり慎重に運んでいましたが……社員の人から『もたもたするな、さっさと運べ』なんて、怒鳴られてしまいました。
その社員は同じような労働をしているのか? と、言えば、ただ指示をしているだけ。
特に何も動いてはいませんでした。機材を運んでいるのは、派遣アルバイトだけです。

 

それから数時間経ち、ようやく休憩になったのですが、21時〜4時の拘束時間なのに休憩時間はたったの35分。これでは、当然仮眠なんて出来ません。
その上、4時に終了予定が伸びてしまい、結局朝6時まで残業させられるハメになったのです。
流石に『こんな環境下では怪我人が出そうだな』なんて思ったら予想は的中で、実際に怪我をした人は複数人と居ました。
更に腹立たしい事に、2時間残業にも関わらず残業代は含まれていませんでした。
これで給料が良ければ未だ目を瞑る事は出来たのですが、それさえも無いとなれば流石に落胆は隠す事が出来ませんでした。
その結果、私はカードローンを申し込んだのです。

 

このバイトはやり始めたばかりだったので審査がかなり不安でした。
けれど、この派遣バイトに転職する前に接客業に長い事勤務を続けていた事もあって、審査無事通過し借入に成功する事が出来ました。

 

やはり、始める前はあれこれと不安もありましたが、実際に審査に通った時にはほっとしました。 悩むよりも、迅速にネットで申し込んで良かったななんて感じます。